みなさま こんにちは!

今日の金沢は朝からどんよりです。

真冬のもの程ではありませんが、鉛色の雲に覆われています。

犀川も、土色になっていてとても濁って見えます。

川とか海って不思議ですよね?

天候によって澄んで見えたり、濁って見えたり・・・

横浜にいた時はよく釣りに出かけていたのですが、ぼんやりと
海を眺めている時に「天気によって海の色って変わるんだなぁ・・・」と
思っていました。

恥ずかしながら空の色が反射しているからか!!と気付いたのは
割と最近です。

ふだん青々と澄んで豊かな水をたたえ流れている犀川ですが、実はいつも空の色を
素直に映し出しているんですね。


金沢を代表する二つの川が犀川、浅野川。金沢の中心街はその二つの川に
挟まれる位置にあります。そして、その流れの勢いや大きさから
それぞれ男川、女川と呼ばれています。

一昨年、金沢が大雨にみまわれた時、浅野川が決壊して近隣の方々は大きな
被害を受けました。つい最近、浅野川の近くを通りかかった時に、まだ土手の修復工事
が行われているのを目にしてその水害の大きかった事を嫌でも実感させられました。


ふだん穏やかな流れのはずの川が、そんな姿を見せるときがあるのですね。



一方の犀川では、自分は、大きい被害があった事は聞いていません。



この話は、当然それぞれの川が流れている場所の地形的な問題(高低差など)
があるのですが、その愛称から人間的なものに置き換えて考えてみてしまう
のは仕方がないと思います。


それではみなさままた!!
[PR]

by rurusaisai | 2010-03-01 17:11

<< 京浜狂走曲    迷わず肉を選んだ! >>