みなさん こんばんは!

今日の金沢は暑いけど気持ちのいい一日でした。

久しぶりにスカッと晴れ渡り、まるで地中海沿岸のどこかの国の
ように青々と気持ちいい空が広がってました。

さて、自分の楽しみの一つが仕事前にファミリーレストランでゆっくりと
新聞を読む事なのですが、今日もそんな束の間の時間を過ごしている
時に事件が起こりました。

自分のテーブルの前に高砂親方(元大関 朝潮)にそっくりな女性が
やってきました。

やっぱり自分が外食するとそばに割腹のよい女性が来るというジンクスは
まだ生きていたようです。

新聞を読むのを止めてやっぱり目は自然にその女性にいってしまいます。

彼女が初めにとった行動はドリンクバーで6杯のウーロン茶を持ってくる
事でした。

うんうん、今日は暑いし喉も渇くよな~   わかるわかる・・・

それにしても多すぎだろう!  だいたいいっぺんに6杯も飲物持って
来ていいのかよー!

しかしそんな自分の心の叫びもものともせず、彼女は片っ端からウーロン
茶をストローで吸い上げていくのでした。

自分は今晩夢に見そうな光景に新聞の続きを読むのも忘れてしまいました。


マットの魔術師はエドワード・カーペンティアです。
[PR]

by rurusaisai | 2010-06-24 22:02

<< アナコンダ殺法    人間風車 >>